近年、絶え間なく変化する経済社会と同様に、我が国の税制も急速かつ複雑に変化し続けております。

この急激な社会・税制の変化に対し、「柔軟に対応すること」が大切であることは勿論ですが、こういった変化の激しい時代だからこそ、変化してはいけない不変の原則がますます重要であると私たちは考えます。

そこでアスファームでは、私たちが遵守すべき不変の原則を三つにまとめ、 『アスファーム法人憲章』 として掲げています。

【私たちは企業の発展をサポートし、

納税者の擁護を第一の使命と考えます。】

私たちは税の専門家として、クライアントの事情や目的に合わせた税制の選択と適用を、 迅速かつ的確に行うことで企業の発展に寄与するとともに、税務調査や租税救済では、 租税法律主義に基づき、納税者の権利擁護を第一の使命と自覚して対応します。

【私たちは企業の継続性と経営倫理の遵守を、

課せられた義務と考えます。】

最近、食品の偽装問題が大きな社会問題となっていますが、 私たちはクライアントの成長願望だけに追随するのではなく、 社会倫理・経営倫理を最優先課題とし、クライアント企業の社会的健全性を守ることも、 大きな使命の一つだと考えています。

【私たちは信頼関係を大切にし、

クライアントの利益を最優先とします。】

上記二つの原則を実現するためにはそのベースとして、 企業経営者との間に強い「相互信頼」関係が必要となります。

ですから私たちは、当法人の利益のみを前提とするのではなく、 クライアントの利益を最優先の課題として仕事をします。

そのためには税務の領域にとどまらず、信頼できる外部の専門家と協力・連携し、 あらゆる場面でクライアントの利益を最大限にまで高めることを、最優先の課題として行動します。

この三つ法人憲章のもと、企業経営者が気が付いていない情報の提供や、 時には耳の痛い意見を進言するなど、私たち全員が行動的なクリエーターとして、 柔軟な発想を大切に、企業経営を強力に支援いたします。

なお「アスファーム」の法人名は、

『お客様との相互信頼関係を大切にし、

強力に企業経営をサポートする。』

〜Based on full mutual reliance,

we are aggressively supportingthe management.〜

の一句「Aggressively upporting」の頭文字 「A」と「S」に由来しております。





税理士法人アスファーム

代表社員 加賀元浩

昭和45年生 A型



Copyright(C)2008 税理士法人アスファーム All Rights Reserved.